10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ヤマハリゾート つま恋 スイーツ&カフェ Wien 秋のデザートビュッフェ

2014.09.10 (Wed)

2014年9月7日(日)の訪問。

DSC00111.jpg

【店舗名】ヤマハリゾート つま恋『スイーツ&カフェ Wien』
【住所】静岡県掛川市満水2000
【電話番号】0120-244-255(代表)
【実施日】9月・10月の日曜日 1部:14:00~ 2部:15:30~(60分制限) フリードリンク付
【料金】1,620円
つま恋40周年を記念して、カフェで『オーストリア・ウィーン菓子と~秋の味覚~』というデザートブッフェが開催されています。

DSC00131.jpg

予約して1部の会に参加しました。店内の埋まりは3割程で通常カフェ利用の客もいて、終始空いてました。

DSC00139_20140909152959b4e.jpg

DSC00134_2014090915300711f.jpg

DSC00135.jpg

DSC00136_201409091530320c9.jpg

DSC00137_20140909153049856.jpg

DSC00133_20140909152955a4f.jpg

説明書きがあったものはそのまま載せてます。

DSC00140_20140909154751f2c.jpg
キウイゼリー グレープフルーツゼリー:ゼリーはとろみがあり、スプーンですくおうとしても結構逃げられました(笑)。甘さがあり、酸味の効いたフルーツと合いました。 マロンムース:2種類のマロンをブレンドして仕上げた優しい味わいのムース。 チーズタルト:独自のレシピで作ったタルト生地と厳選されたクリームチーズをたっぷりと使用しています。店頭で販売されてました。 紅茶シフォン:シフォンの横に置いてある生クリームは砂糖入りとのことでした。

DSC00142.jpg
オレンジムース:上部のジャムは甘さがかなり強く感じました。 はちみつプリン:やわらかくなめらかな、口当たりのいい食感が気に入りました。 ザッハートルテ:伝統的なレシピでチョコの濃厚な味わいと甘酸っぱい杏ジャムの風味が特徴。外側の分厚いチョコは甘さが強かったですが、これの横に置いてある生クリームは無糖とのことでよく合いました。トルテの杏ジャムは、リピしたものと比べると少なめなものや、多めに入っているものがありました。 ゆずラングドジャ:これ書くときに見返してゆずって知りました(爆)。 ヴァニレキプフェル:馬の蹄鉄型クッキーでオーストリアの代表的な焼き菓子です。 ピアノクッキー:サブレータイプでバターの風味が強く出ていました。

DSC00143.jpg
プチシュー カーディナルシュニッテン:メレンゲとスポンジ生地を焼き、バタークリームをサンドした軽い口当たりのケーキ。 ブランデーケーキ:ブランデーはカミュXOエレガンスを使用。生地にはホワイトチョコレートを使用しています。生地がじっとりするくらいブランデーがしみこんでました。強い酒を飲んだときまではいかないけど、喉が一瞬少し熱くなりました(笑)。これも店頭で販売されていました。 ベリーのロールケーキ:甘さ控えめでほどほどに酸味が効いてました。 マカロン(かぼちゃ・チョコ):ねっとりとした纏わりついてくるような食感で、かぼちゃの風味はほとんどわかりませんでした。チョコは後味に洋酒のような風味が残り上品な味わいに感じました。

DSC00144.jpg
ザントクーヘン:しっとりとした食感で、バニラとレモンの風味がとても豊かでした。

リゾートという施設柄、来る前はほとんど期待してませんでしたが(失礼)、種類は少ないものの、美味しいと思えたスイーツが多くてかなり満足できました。ヤマハだけあって、ここの建物の中あちこちにピアノが置いてありましたが、スイーツにもピアノをまぜてくるのは面白かったです(笑)。補充のほうは滞りなく行われてましたが、終盤で無くなったオレンジムースは補充がありませんでした。皿の回収は利用人数の割にはゆったりめでしたが、4人用のテーブルだったので特に気になりませんでした。車でのアクセスは、北ゲートの守衛にカフェ利用と予約者の名前を告げて駐車場の許可証をもらい、6番パーキングにとめるという流れでした。
また違うフェアが開催されたら訪れてみようと思いました。



スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

15:00  |  静岡県  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://taruokun.blog.fc2.com/tb.php/184-740ce74e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。